読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子大生カナダで頑張る

21歳です。大学を休学してカナダのトロントでの語学留学を終え、現在はバンクーバーのカレッジに通っています。ほぼ 日記なのでお役立ち情はあるかもしれないしないかもしれないです。

語学学校での日常

なんてこった。クラスが変わってから1週間経ったというのに、先生に名前を覚えてもらえません笑 

クラスの人数は多くないし、私はまあまあ発言している方だと思うし、他の生徒はスラスラ名前を言えているのに、私と目があうと固まるのはどうしてなのせんせー!!
日本人の名前は英語にはない響きだから覚え辛いと言ってたけど、ここまで覚えてもらえないと私にも問題があるのでは…考えられるのは顔が劇薄いってことかな!インパクトのない顔でごめんよ先生…!

午後の授業ではよく彼氏がいないことをネタにされます。
先生「オーケー、もしこのクラスの男子の中から1人選ぶとしたら誰がいい?」
私「えー……(身体の好みで言ったら断然斜め前にいるブラジル人の男の人なんだけど、あなたの身体が好みなの!って引かれるかなあどうしようなんて答えれば)」
先生「よし!じゃあ男性陣に一人一人デートプランをプレゼンしてもらおう!」
私and男性陣「!?」

私のことを全く知らないしそもそもお前となんかデートしたくねえよと思ってるだろうに苦し紛れに答えてくれたクラスメイト。先生はゲイなので、私より真剣に誰のプランがいいか選んでいて面白かったです。先生が聞きたかっただけやーん。

そういえば、放課後によく学校近くのビルのフリースペースで勉強していて、帰る時にはそこから最寄り駅までは少し外を歩かなくてはいけなかったのですが、今日そのビルから直接駅に繋がる道を見つけました。近道だし外に出なくていい!最高!!
こちらの建物は、外に出なくていいように地下でつながってることが結構あるから助かります。これからも、なるべく外に出なくていいルートを見つけていこう。

寒くなってきたな…と言うと、5人のうち5人の現地人がまだまだこんなもんじゃないよ〜となぜか嬉しそうに脅かしてくるので、これからどうなるのか怖くて仕方ありません。ブラックフライデーで一冬一緒に越してくれるガチコートちゃんを見つける予定なので、ひとまずそこまでは寒くても我慢だな…!肉厚なので乗り切れるハズ…