女子大生カナダで頑張る

21歳です。大学を休学してカナダのトロントでの語学留学を終え、現在はバンクーバーのカレッジに通っています。ほぼ 日記なのでお役立ち情はあるかもしれないしないかもしれないです。

ケベック2日目

間がかなり空いてしまったのですが、今日は年末年始に行った旅行の続きを紹介します。


2日目。私達は前日の夕食の悔いを改めるために早起きをし、元日の朝に雪の中、お店を求めて彷徨い歩き、ようやく見つけたおっしゃれ〜なカフェに入ったのですが、ここが何とも最高でした!(お店の名前を忘れてしまった…)


元旦早朝なのにお客さんも結構いたし、店員さんもすごく親切だったし(なぜか全員男性だった)良いお店選んだね〜とワクワクしながら料理を待つとこんなに素敵なものが!!

f:id:kabominnto:20170119113019j:plain

実は、エッグベネディクト初挑戦だったのですが、美味しすぎて目が飛び出しそうになりました。間違いなく今までで一番の朝食だった…あんなのただのゆで卵やんけ!とバカにしていたそれまでの私を、殴り飛ばしたくなりました。

上にかかっているのも、ただのチーズではなくてクリームソースのようになっていて、これがまためちゃめちゃ美味しかった!ソースと卵とパンのコンビネーションが最高に合っていて、大興奮の私。直前まで酷かったはずの咳が、朝食の時間だけ嘘のように止まりました笑

私のお友達はそれぞれオムレツとサンドイッチを頼んでいたのですが、どれもすごく美味しかったし、一緒に頼んだホットチョコレートもお代わり自由で本当に最高でした!


と言うわけで最高のスタートを切った私達、次はオールドケベックへ。

オールドケベックは名の通り、歴史が浅いカナダの中でも古い地区で、街並みは本当にヨーロッパの様でした。

f:id:kabominnto:20170119113134j:plain

有名なシャトーフロンテナックホテル。世界で一番写真に撮られているホテルだそうです。大きくて迫力がありました。

流氷が浮かぶセントローレンス川も絶景でした。

f:id:kabominnto:20170119113210j:plain

そこからは1時間くらいのツアーに参加し、ガイド付きで街を見て回りました。ツアーなんて言ってる場合じゃないくらい寒かったけど、雪に覆われて白く染まって、そこにまだクリスマスの飾り付けが残る街並みがとっても綺麗で、素敵な写真が沢山撮れました。

f:id:kabominnto:20170119113301j:plain


f:id:kabominnto:20170119113323j:plain


f:id:kabominnto:20170119113503j:plain


寒いなかモップで一生懸命案内してくれたガイドさん可愛いかった。

f:id:kabominnto:20170119113540j:plain


朝が重かったので、お昼は簡単なもので済ませようという事になり、こちらで有名なQueseu de castorという平たいドーナツのようなものが看板メニューのお店に行きました。

f:id:kabominnto:20170119114558j:plain

(これを簡単な物と思える感覚になっている事については目をつむって頂けると…)そして友達が撮ったのでいつもの私の写真とは違ってすごく美味しそう…


ちなみに私は甘いものの気分ではなかったのでサイドのホットドッグみたいなものを食べました。お店の看板メニューを食べずにイレギュラーな物を食べてしまう病気なんです…でもめっちゃ美味しかったのでまあいいや!


お土産なども購入し、ケベックに別れを告げてモントリオールへ。


収まらなかったので次回に続きます!

近況とケベック1日目

風邪が地味に治らない〜

実は先週末に引っ越しをして念願の自炊生活なのですが、今は健康的なご飯を作ってくれたママが恋しい…またおかゆが食べたいよ〜

そして新しい私の部屋がめっっっちゃ乾燥する!!普通にしていても肌がパキパキして、喉がカラカラになっていくのが分かる!!これではヤバイと思い、カナダで困ったらココ!という感じのCanadian Tireというお店にいってきました。

そこでHumidfire(加湿器。みなみに今日覚えた)を購入しました!$40だったけど、持ち運びも出来るから日本にも持って帰れるし、健康を金で買ったと思えば仕方ないですね…

f:id:kabominnto:20170110120421j:plain


そしてようやくですが、年末のケベックモントリオール旅行について書きたいと思います。

学校で知り合った日本人のお友達と、ISXという語学学校の生徒向けの旅行会社を利用して、2泊3日のツアーで行ってきました。

初日は朝の7時に出発して、夕方の5時半頃にケベックに着いたので、ほぼ10時間の長旅。自分で色々手配するよりかなりリーズナブルなので仕方がないのですが、10時間は流石に辛かった…

車内で映画も流してくれたのですが、音も聞こえないし(耳が老人並みに遠いので)勿論字幕もないしで全く理解出来ず。本来なら車内でwifiも使えるはずだったのですが、何かしらのトラブルがあったようで結局何も出来ずに10時間ひたすらバスに揺られていました。


ようやくホテルに到着した頃にはみんなクタクタ笑 そして雪が積もりに積もってトロントとは比較にならない寒さだったので、いい感じのレストランを探す気にもなれず…何となく見つけたハンバーガーショップでグリルドチーズとカナダの(いちおう)国民食プーティーンを買い、スーパーでお酒(ケベックではスーパーでお酒が買えます!トロントはアルコール専門店でしか買えません。)とポテチを買って部屋へさっさと戻りました。

f:id:kabominnto:20170110120716j:plain


テレビでNYのタイムズスクエアの映像を観ながら、こっちでダラダラしてる方がいいね〜なんて言いながらくつろぎ、年明けの30分前くらいにのそのそと準備してホテル近くのカウントダウンイベント会場まで行って年を明かしました。

田舎ということもあってか花火に遠慮がなくて、5分間くらいずーっと派手に花火が打ち上がっていて、それがすごく綺麗だったなあ。カウントダウンの仕方も、「トワ、ドゥ、アン!」とフランス語だったのもケベックならではで面白かった。


私の体調が万全ではなかったこともあり、特別なことは出来なかったのですが、ケベックの雪に覆われた古い街並みを凍えながら歩いたこととか、年を越した瞬間の花火に感動したことはとても素敵な思い出になりました。


次回は残りの2日間を紹介します。

こんにちは。病人です。

新年明けましてそうそう絶不調です…

旅行に行く前からなにやら危ないぞ…と思っていた喉風邪がまんまと悪化し、ここ2日は喉が潰れて声が全くでなくなりました。咳のしすぎで腹筋が痛いよ〜

旅行中も一緒に行った友達に散々心配され迷惑をかけ、帰ってきたらきたで、私が行く前に残していったであろうウイルスにホストマザーがやられ、ガラガラ声になっていたので、これ以上菌を拡散しないぞ…!と思い今日は大事をとって学校をお休みしました。こちらに来てから無遅刻無欠席だったので、本当に胸が痛む…咳が酷いだけで身体は元気なので余計に辛かったです。


旅行中美味しいものばかり食べていたのと、ひどい咳で病人気分になっていたので、無性にお粥が恋しかったのですが、まさかこっちにそんなものはないだろうな〜とハナから諦めていました…しかし!!まさかの!!

出てきましたお粥!!びっくりだよ!!

f:id:kabominnto:20170105074401j:plain

もう本当に美味しさが全く伝わらない写真で悔しいのですが、このお粥すっっっごく美味しい!!

なんでもフィリピンのアロスカルドという料理らしいです。生姜、ニンニク、鶏肉に魚のエキス?のようなソースを入れていて、結構豪華な感じ。味はしっかりしているので、お粥というより鍋の後のおじやに近いかも知れません。もともと味のないお粥をそんなに好んで食べなかったので(食べるときはたまご粥とか)このお粥はクリーンヒットしました。本当にうまい。

クリスマスパーティーの時も思ったけど、フィリピン料理結構好きだな〜。変わった味なんだけど、刺激が強くなくて食べやすいというか。

考えてみるとこちらに来てから好き嫌いしなくなったなと思います。元々好き嫌いが多い訳ではなかったけど、割と香りが強めなパクチーとかセロリとか、こちらでよくあるしょっぱい料理にフルーツを使ったりする物があまり好きではなかったのですが、そういう物も苦なく食べられているなあ。出されたものは食べるしかないからというのも勿論なんですが、新しい味に出会えることを楽しめるようになってきたんだと思います。舌が大人になってきたのかな?


そして風邪になって食欲も減るかなと思いきや、まさかの通常営業な私の胃…一日中寝ていても腹が減るってどうなっているんだろう…これを機にダイエット出来るかなと目論んでいたのですが、病人食すら楽しんでしまう自分に戦慄しています。


美味しいお粥に加えて、ひたすらスースーする飴をなめ、喉にいいらしい激マズ激甘なシロップを飲み、ママが作る舌が麻痺するほど酸っぱいレモン水を飲み、ひたすらベッドでゴロゴロしていたら、ようやく声が出る様になってきました。もう今週は2日しかなくなってしまったので明日は死んでも学校に行くぞ!そして今週末は待ちに待った引越しがあるので早く完全健康体に戻りたいところです。


ケベック旅行は次回〜すみません〜


その2!!

新年あけましておめでとうごさいます!

年越しにケベックに2泊3日の旅行に行って、先ほど帰って来ました!

年が明けてしまってからクリスマスの話って…もう需要が無いのは承知の上ですが、その1と題してしまった以上更新しない訳にはいかないので、古いネタにはなりますがどうぞお付き合い下さい。


友達とのパーティー、そしてフィリピノンのパーティーとかなり満喫した私ですが、クリスマス本番の25日、今度はお家で家族だけでお祝いしました。


まず朝、プレゼント開封の儀です。ツリーの幹に置いてあった大量のプレゼントを、1人ずつ開けていきます。エンドレスで流れ続ける、焚き火の映像が何ともいい雰囲気を醸し出しています。

f:id:kabominnto:20161230091558j:plain

数日間本当に真剣に悩んで決めたプレゼント、喜んで貰えるかドキドキでしたが、反応はまずまずといったところでした笑 というよりみんな沢山貰いすぎて感覚がおかしくなっていました笑


私も、パパから緑茶(いつも飲んでいるので)、ジュリアンから手帳(日本でいた時から可愛いと思っていたやつ)、ママからはネックレスとチョコレートとパジャマを貰いました。他にもおまけみたいな感じで色々貰いました。

なんか用意してくれてそうだなとは思っていたけど、まさかこんなに貰えるとは思っていなかったので、嬉しい反面申し訳ない気持ちに…笑

いやあでも有難く頂いておきます!そしてこっちのチョコすごく美味しい!ついつい食べ過ぎてしまいます!(いつもだろ)


そういえばクリスマスシーズン、よく見たものがありました!

f:id:kabominnto:20161230091820j:plain


Santa Villageです!これはサンタと記念撮影ができるブースで、イベント会場やらモールやら本当に色んなところで見かけました!これはこっちならではだなあ〜オーディションとかあるのかな?笑


私も実は、カサローマに行った時一緒に撮って貰いました。細くて暗くて長い通路をひたすら歩いて、友達と若干ビビりながら歩いていたのですが、行き着いた先には、大きいツリーとサンタが座っているという何ともメルヘンな世界が広がっていたので、肩透かしを食らってすっごい笑いました。サンタもなんかゆるい感じで、英語勉強してるの?へーカナダ好き?とフランクに質問されて、中の人丸出しだったのが楽しかったです笑 大人だからっていうのもあるだろうけど笑


いやしかし、クリスマスこれでもかというくらい満喫しました!日本で、クリスマスなんて私には関係ないや〜と思っていた時とは大違い!どんな人もみんなで楽しもう!という心の広さがありました。


そしてこれは年を越した今だから言えることなのですが、年越し、お正月はクリスマスに比べて少し控えめかなとも思ったり。控えめと言っても花火がバンバン打ち上がって、パーリナイしてるところに行って来たんですけどね!その事については次回更新したいと思いまーす。


Too much Christmas!! その1

Merry Christmas‼︎この日がついにやって来ました!一昨日と昨日で、2つのパーティーに参加してきたので、紹介しようと思います。


金曜日は、コリアンの友達の家で、友達が韓国料理を作ってくれました!

f:id:kabominnto:20161226140941j:plain

ラッポッキと、ズッキーニのピカタ、トッポクンタン!作ってくれた2人とも、料理についてちゃんと学校で学んだ人たちだったので、お店バリに美味しかったです。けど、辛さが容赦ないから酒が進む進む…

前にも書きましたが、コリアンってもちろんみんなじゃないかもしれないけど、お酒が大好きだし、とにかく強い!サワーはもちろん、ビールさえもあまり飲まないので、最初からソジュでガンガン飛ばしていて、ついていくのに必死でした。チャーン!(多分コリアンで乾杯)って何回言ったか分からない…

そのコリアンの友達の部屋がビルの高層階にあって、夜景がめちゃめちゃ綺麗だったので、感慨深くなってまさかの号泣してしまいました。酔っていたんだな…。ここに来れてみんなに会えて良かったと一生懸命伝えていたら、うんうん、とりあえずもう飲むのやめとこうか!って止められました笑 心配させてしまったけど、久しぶりにガンガン飲めてすごく楽しかった!シークレットサンタもなかなか盛り上がって、いい時間を過ごせました。

f:id:kabominnto:20161226141350j:plain

そしてお酒が入ると、自分の英語の文法が正しいかとか、考える過程がスポーンと抜けるし、遠慮がなくなっていつもより沢山話せた気がします。今度は日本食作ってあげたいな。


昨日は、ホストマザーの姪っ子さんのお家に50人くらいが集まるビッグなパーティーに連れてってもらいました。

毎年集まっているようで、ほぼみんな家族みたいな感じでした。私の他に2人日本人が居たのですが、それ以外はみんなフィリピノンで、とにかくよく喋るし、時々フィリピン語も飛び交っていて若干居づらかった笑 


それでもみんな優しくて、聞いたら優しく分かりやすく答えてくれたし、ダンスにも誘ってくれたので、盆踊りくらいしか真剣に踊ったことない私が、それっぽく踊ってきました。みんな腰つきがすごくて、真似してみたけど全然出来なかった笑

そして爆音でEDMをかけてお決まりのテキーラショットとか、クラブみたいな感じで楽しかったです。下の階では、ティーンエイジャーだけで楽しんでた笑


プレゼント交換の仕方とか、家の飾り付けの仕方もすごく面白かったけど、何より!ごはんが!!最高だった!!

(グロ注意です)


f:id:kabominnto:20161226141152j:plain


多少の脂っこさ(と多少のグロさ)には目をつむっても、どの料理も美味しかった!特にキャッサバケーキをはじめとしたスイーツが最高でした。フィリピン料理なかなかいける!好き!ママはフィリピノンなんだけど、脂っこいものがあまり好きではないようで、いつもカナダのごはんが多いからな〜良き経験でした。


その2に続きます…


やっぱりすごいよクリスマス

f:id:kabominnto:20161222133329j:plain

ここ1週間、クリスマスムードに浮かれて、放課後はずーっとホストファミリーへのプレゼント選びをしたり、日本へ送るカードを描いたりしていました。

ホストファミリーへのプレゼント選びがなかなか困難で、何日もかけてショッピングモールを見ていたのですが、平日だっていうのにすごい人、人、人…みんな仕事してないのかな?笑 並々ならぬクリスマスプレゼントへの熱量を感じました。海外にいるって感じ。

24日には、ホストマザーの姪の家のパーティーに招待されているのですが、ママは姪の家族やら親戚やら本当にみんなにプレゼントを買っていて、400ドルは使ったと言っていてびっくり。

更に驚いたのは、娘のジュリアンにめちゃめちゃプレゼントを用意してあげていたこと。ママはジュエリーショップで働いているのですが、そこのなかなか高めのピアスを用意してあるのにも関わらず、いいとこのボディークリームとか、Rootsの靴下とか、全部で5個くらい用意されてて、え〜〜!そんな買ってあげちゃうの?!甘やかすねえ〜〜!と思ってしまいました。


私の家は仏教徒っていうこともあるけど、中学生に上がってからクリスマスプレゼントをもらった記憶がないし、友達とクリスマスパーティーとかもあまりやらなかったので、なんかいいなあと思いました。ママはすごくお金を使うって言ってうんざりしてたけど笑 文化の違いだなあ。


そして私もそのパーティーで、シークレットサンタ(くじで引いた名前の人にプレゼントを用意します。ただし、自分は誰から貰えるか分からないという、こちらではポピュラーなプレゼント交換)に混ぜてもらうことになりました。

予算は決まっていたので、16歳の女の子に40ドルのピアスを用意しました。ママのジュエリーショップのオシャレなピアスなのですが、顔も知らない子に40ドルはキツイよ…自分も貰えるから仕方ないとしても、16歳が40ドルのピアスって勿体なくない!?と思ってしまいました。ケチですみません、、


でもなんだかんだ言って混ぜて貰えるのはすごく嬉しいし、楽しみです!前日の金曜日には学校の友達とパーティーの予定なので、そっちも楽しみ。クリスマスが終わって26日はカナダで一番大きいセールのボクシングデーがあるし、年末年始はケベックモントリオールに行く予定なので、楽しくて忙しい年末を過ごせそうです。


とかいってかなり浮かれモードですが、明日はファイナルテストがあるので、これから少し寝て勉強しなくては…今回のテキスト少し難しめだったので不安ですが、スッキリ終わらせるためにも、やるしかなーい。テスト後は友達と、Sさんに教えてもらったトンカツ屋さんに行く予定なので、楽しみだ〜!トンカツ目掛けてテストにもカツぞ!!(すみません)



何の話でもありません

今年の授業も残り1週間となりました。今月の先生3週間しか習わないのに、結構好きだった!午前の先生はフレキシブルに情報をバンバン追加してくれるし、午後の先生は全く遠慮がない感じがとても自分に合っていると思います。当たり前だけど、多少のプレッシャーをかけてもらった方が伸びることを再確認しました。

わたしの語学学校は小さいので、クラス変更がかなり難しいんですが、自分のレベルに納得がいかなくて泣いて抗議する生徒もいました。私は多少先生を気に入らなくても、自分が我慢すればいっかと思ってしまう節があるので、そこまで必死に抗議していたことに少し驚きました。

でも実際、先生によって自分のモチベーションが結構変わるのは事実で、自分に合っていれば勿論やる気になるし楽しいし、合っていないと勉強自体にネガティヴな気持ちが生まれてしまうこともあります。自分が影響されやすいのもあるけど、そこで納得のいくまで戦うのってすごく大事なことかもしれないと思いました。


この一件もそうですが、こちらに来てずっと思っていたのが、人間関係をちゃんと取捨選択できる人ってすごいなということ。もし自分に合わないと思った人がいた時に、こいつはわたしに合わねえ!ってスッパーンと切り捨てる勇気って、必要だなあと思います。

それはもちろん心の中でだし、頭から否定する訳じゃなくて、相手の意見も出来るだけ尊重するスタンスは必要だと思いますが…

この人合わない…けど誰とでも仲良くしたいから私が向こうに合わせなきゃ…と思ってしまっていたのが前の自分だったけど、気が合わない人が沢山いて当たり前だし、そこで自分が合わせようとするのって絶対に違うよなと。フレンドリーじゃないとか、社交的じゃないと言われても、自分が大切にしたい事を守るという意味で、他人の目を怖がる必要はないと思いました。

私は私でやるから、そっちも好きにしたら良いよ〜っていう感じ。それがサラッと出来る大人になりたーい。


こっちで日本人もそうだけど、色々な国の人に会って、気持ち的にそこが一番変わったと思います。泣いて抗議した生徒も、自分を大事にしているからこそだよなあ。出る杭は打たれるとか剛に入れば郷に従えととか言うけど、少なからず、わたしこんな人間ですよ!って見せる事は必要なんだな。


そんなこんなしてるうちに、もう今年も終わりに近づいていて、焦ります。ホームステイも残り少し!寂しいけど楽しみだな。

そして最近家族とか、日本の友達が沢山夢に出てくるからみんなが恋しい…みんな元気ですかー?!?!(あご出し)


そういえばこの前唐突におせち料理が食べれないことに気づいて愕然とし(遅い)、お母さんに電話したら、一回きりなんだから我慢できるでしょ…と言われました。おせちって…そこかよ…という心の声が聞こえた気がしたけど、私のおせちにかける想いを見くびってもらっては困る…!一年の中で一番、誕生日なんかよりも楽しみにしてるのに…。実家で、ほとんど毎年私しか食べない伊達巻と錦玉子はどうなるのか…切ないです。邪道だけど、アジア系のスーパーマーケットに行っておせち料理、探してみようと思います。