女子大生カナダで頑張る

21歳です。大学を休学してカナダのトロントでの語学留学を終え、現在はバンクーバーのカレッジに通っています。ほぼ 日記なのでお役立ち情はあるかもしれないしないかもしれないです。

久しぶりすぎて何を書いたらいいのか分かりません

お久しぶりです。


バンクーバーに来て3ヶ月が経ちましたが、最近までは余裕がない日々を過ごしていました。ひと段落して、ブログ更新意欲がむくむくと湧いてきたのでこのチャンスを逃さず、ばしばし書いていきたいと思います!

この3ヶ月は、学校も頑張りつつ観光もしたし(実は2回もLAに行って来ました)、いつも通り美味しいものも食べたし、そしてイベントもたくさん参加しました。
やっぱりバンクーバーは(というかカナダはと言えるかもしれないけど)夏が本番!そして今年は150周年ということもあって毎週末何かしらのイベントが目白押しでした。長い雨期の鬱憤を晴らすかの様に、1秒でも長く日に当たってたい!!感がビシビシ伝わって来きたなあ…

7月頭には、ジャズフェスティバル、そしてカナダデーの花火とパレードがありました。

f:id:kabominnto:20170720102102j:plain

(このバンド、最高だった…)


ジャズフェスは、自分のジャズ好きを再確認したと同時に、新しい発見もたくさんありました。簡単に言うと、ジャズの幅広さに驚きました。
こういう雰囲気の音楽好きなんだけど、ジャンルがわからないんだよな、という音楽たちがまさにジャズフェスで演奏されていて、これってジャズだったの!!とびっくり。
昔のベーシックなジャズももちろん素敵だけど、最近のポップなジャズもいいだよなー。ロック系とかカントリー系なジャズもあってジャズの寛容さというか柔軟さというか、違う色を楽しめるところがいいなと。
あとは基本的にテンポがゆっくりめなので、歌詞が聞き取りやすい!最近のポップスは速いしスラングは多いし文法も適当だしで分からないねん…

カナダデーのパレードは、国別に分かれていて、本格的な衣装を着て、一生懸命練習したのが伝わってくる踊りを披露してる団体もあれば、LOVE Canada!みたいなTシャツを着てただ歩いているだけの(行進とも言えない、本当にただ歩いてる…スマホいじってるおじさんとかいた笑)、ゆるーい団体もあって、国民性でるな〜と思いました笑

f:id:kabominnto:20170720102216j:plain

中国は何団体もあって派手派手でした。

f:id:kabominnto:20170720102329j:plain

日本の盆踊り団体。数がすごかった。

f:id:kabominnto:20170720102432j:plain


 花火も早めに行って場所取りした割にはしょぼくて、日本の花火が恋しくなりました。 9ヶ月ともなると、もうそういうのに慣れたけどね!笑

食べ物でいうと、最近はバブルティー(タピオカティー)にハマっています。友達とバンクーバーのバブルティーガイドブックを作ろう!と意気込んでわざわざノートを買いました笑 割と真面目にやっていて、価格、アクセスの良さ、味、種類の豊富さの点から採点して記録しています。いい記念になりそうです!

中華系スーパーT&Tのバブルティー。安くてうまくて量もいい感じ(普通のものはこの倍くらいある)ので私的ベスト。

f:id:kabominnto:20170720102551j:plain


遊びも充実していたけど、学校がキツくて、勉強もすごくしました。真面目な友達を持ったおかげでほぼ毎日図書館に通っていたし、目標だったホスピタリティの資格もとれて授業もコンプできましたー良かった良かった。
ただ、学校の友達もすでに働いている忙しい子が多かったのでスピーキングの機会は前の学校より格段に減り、どんどん話せなくなってる気がする笑
これからのインターンで最後の一押し、頑張ろう。
といいつつ、まだインターン先決まらないんですけどね…泣 ちゃんと卒業して日本帰れるといいなー。

合間の近況報告

最近週末もなんだかんだ忙しく過ごしており、昨日今日と全く何もないお休み。


ここ数日は晴れが続いていたので、持って来たトランペットを近くの公園でパラパラ吹いたり(コミュニティバンド参加を目指し中)、次住む家を探したり(バンクーバーの家信じられない程高い泣)、そろそろバイトも始めてみようかなと思ったり(出来ることなら働きたくない)…


週末はグランビルアイランドという島のほとんどがマーケットになっている私の為にあるような場所に遊びに行ったり、

f:id:kabominnto:20170514043837j:plain

f:id:kabominnto:20170514044032j:plain

カナダらしいレインボーケーキ

f:id:kabominnto:20170514044105j:plain

お鍋そのまま置いてるの最高

f:id:kabominnto:20170514044140j:plain

クラムチャウダーがばかうま感動もの

f:id:kabominnto:20170514043912j:plain

名物ナナイモバー。恐ろしい甘さ…

f:id:kabominnto:20170514043945j:plain


リッチモンドのサマーナイトマーケットに参加したり…


人が凄い

f:id:kabominnto:20170514044302j:plain

マンゴーかき氷!これが1番美味しかった

f:id:kabominnto:20170514044327j:plain

チャイナ〜

f:id:kabominnto:20170514044352j:plain


マラソンのボランティアに参加したり

f:id:kabominnto:20170514044448j:plain

ウォーターステーションでのお仕事。Thanks! と言ってもらえるのすごく嬉しかった。ボランティアってこんなに気持ちが良かったのか…

コースが海沿いになっていて、最高のロケーション!ウォーターステーション毎に、応援アーティストが居て、私の所はパーカッションの演奏。とってもイカしてました。(他のウォーターステーションでスター錦野みたいな人いた)

f:id:kabominnto:20170514044522j:plain

これなら走ってもいいかなと思いました。

うそです。


平日は7時半から12時半まで学校。学校終わりは図書館にこもって課題をしたり、TOEIC対策の勉強をしたりしていますが、

家が学校から電車で1時間もかかるのでまあまあきつい…5時半起きにもようやく慣れてきました。

これを機に朝方人間目指し中です…早起きは三文の徳とはよく言ったもので、早起きすると1日を長く感じるだけではなくて、早く起きられた自分を褒めるポジティブな気持ちから1日を始められるので、何となく色々上手くいく。


お家の人も良くしてくれて、食事に混ぜてくれたり食材を分けてくれたり、その代わりに赤ちゃんのお守りを任されたりして、それもそれで楽しい。

赤ちゃんと触れ合う機会が今まで生きてきてほとんど無かったので、最初は恐る恐るだったのですが、とにかく可愛い。し、すごく疲れます。お母さんの偉大さをめちゃめちゃ実感しました。ほんとーーに大変。もうお母さんに頭が上がりません。帰ったら親孝行バンバンしていきたい。もちろんパピーにも。


子育て体験もなかなか出来ることじゃないし(赤ちゃんと一緒に住む状況)、そのお母さん含め、こっちで会う日本人はお仕事を辞めて来てる人が多いので、前職の話を聞くのもとても勉強になります。何も取り繕わない生の声だし、それが自分に興味ある職種だと尚更有難い。希望の光が真っ黒に染まることもありました。就活めげそう。


そんなこんなで何とかやっております。非社交的な自分のお尻を叩いて、これからも気の進まないイベント、ミートアップでも、無理やり参加していこうと思います。飛び込んだもん勝ち。そして繰り返しが大切。それゆけ自分。


NY旅行記 その2

2日目

近くのマーケットでSさんの思い出の味、ベーグルをいただく

f:id:kabominnto:20170513105149j:plain

クリームチーズがたっぷり乗ったベーグルに、スモークサーモンとトマトと玉ねぎのスライス、ケッパーのピクルスがアクセントになっていて美味しくない訳ない!この時完全にニューヨーカーな気分

天下のメトロポリタンミュージアムへ
錚々たるメンツに圧倒され、興奮状態が続く
君!知ってる!見たことある!っていうものから、こんなの初めて!!どうなってるの!?なものまで錚々たるメンツに圧倒され、興奮状態が続く

f:id:kabominnto:20170513105251j:plain

f:id:kabominnto:20170513105336j:plain

f:id:kabominnto:20170513105403j:plain

[展示方法がとても素晴らしかった(こちらに来てから美術館の展示方法にはいつも感動する)
日本式の庭があったり、大きい門とか遺跡とかそのまま持って来たよ!みたいな所とか、水が張ってあったりとか…
全部写真を撮ってじっくり見るのは不可能だったので心のシャッターを切り続けました。
可愛いかったり美しかったりちょっと怖かったり、派手なものも素朴さがあるものも、私の小さすぎる脳みそでは、貧しいボキャブラでしか処理できなかった莫大な美術品達…もう少し吸収出来るようになって戻ってくるからそれまで待っててね…。エジプトエリアのアクセサリー達がとても素敵でした。]

途中休憩でオレンジジュースが飲みたい!となって行ったレストランでお昼ごはん

f:id:kabominnto:20170513105448j:plain

イングリッシュブレックファーストみたいなプレート。もちろん美味しかった!

TIKETSという当日券の割引販売所へ
私の希望でPhantom of the operaを観させてもらうことに

f:id:kabominnto:20170513105616j:plain

[ギラギラしてて忙しくて、何というかテレビとか映画で観てたそのまんまだった。そこに自分が立って居ることが不思議で実感が湧かなかった。]

近くの教会の男声合唱を聴く
男声合唱やっぱりかっこいい。教会も真っ白で綺麗だった。

Sさん思い出の味、スープ屋さんへ

f:id:kabominnto:20170513105956j:plain

スープとはいえクオリティが高いのでとっても満足出来た。種類もたくさんあるし一緒についてくるクラッカー最高

ディズニーストアやお土産屋さんへ
[今回の旅でお土産を見ている時、Sさんがいつも冷静に助言してくれたので、物欲モンスターの自分をなんとか抑えることができた。(後々の引っ越しの時にも大感謝でした)
そしてこれは本当に事実だと思うけど、NYで買えるものは結構東京でも買えるので…
こっちでしか買えないようなちょっとダサいくらいの物を選んだ方が良いというSさんのアドバイスで、NY名物の黄色いタクシーのキーホルダーを購入しました。ダサかわ安かった。やっぱりNYであっても、ダサいお土産屋さんはたくさんあるのね笑]

ついにブロードウェイミュージカルを鑑賞!!
これについては別記事にて

2日目、濃かったな〜

NY旅行記その1

超遅ればせながら…

NY旅行記を更新したいと思います。少しずつ書き溜めてはいたものの、もうかなり日も経ってしまったのであくまでもゆるく、備忘録として概要だけ書いていきたいと思います。


トロントで語学学校が終わって数日後、息つく間もなく念願のNYに飛び立ちました。

トロントに行くと決めた時からNYだけは絶対に行って帰りたいなと思っていて、Sさんに話してみたところ、一緒に行ってもらえることに!
ちなみにSさんは以前にも訪れたことがあったそうで、計画段階からデキる大人のプレゼンごとく色々教えて下さったのが本当に助かりました。
結局費用を最低限に抑えるということで飛行機ではなくバスで。初日、最終日と車中泊2日、ドミトリーに3泊というなかなかハードな学生のような日程になり、若いうちしか出来ない無茶に付き合ってもらい、往復交通費、宿泊代含めてかなりお得な旅行が実現しました。

前日から全行程をひたすら羅列していこうと思います。

前日 
チャイナタウンで両替
お気に入りのベトナム料理屋さんへ
ケンジントンでSさんの先生オススメのパティ(美味しかった!)
夜再集合
出発!
入国審査ビビりまくるも、なんとか通過

1日目
早朝 NY降り立つ!
お洒落な朝ごはんを頂く

f:id:kabominnto:20170510055816j:plain

チェルシーマーケット!セントローレンスより観光向けって感じの印象。やっぱりどこもマーケットは楽しい!
スパイス屋さん

f:id:kabominnto:20170510055912j:plain

bookmarcへ行くも欲しいものが買えず…(東京にあるみたいだからいっか…)
スタバで時間をつぶす(2人とも意識が朦朧としてた笑)
雨と疲れで9.11ミュージアムは断念し、blue moon というドミトリーへ(6人部屋)
お部屋がルイアームストロング!なんという偶然!

f:id:kabominnto:20170510060015j:plain 

ベッドの上には絵も

f:id:kabominnto:20170510060243j:plain

名前からしてだけど小洒落てて可愛い!何と言っても周辺のお店の充実度がすごい。神ロケーション。Sさんさすが…!
お昼寝後、近くのまたまたオシャレなパスタ屋さんへ
大好きなわんわん物語を意識して(勝手に)ミートボールパスタを注文

f:id:kabominnto:20170510060336j:plain

ソースの中にチーズが練り込まれていてウマー
明日に備えて早めに就寝

1日目終わり!

バンクーバー!学校!

ダウンタウンの1番大きい図書館。丸くてオシャレ。

f:id:kabominnto:20170427042148j:plain

バンクーバーに着いてから早いもので二週間が経ちました。 

範囲的には家の周り、学校の周りしか歩けていないですが、バンクーバーってやっぱり綺麗。思っていたよりレストランとか多国籍。特にダウンタウンはオシャレな港町な雰囲気が出ていて、まあちょっと気取ってる感じもするけど中々良い。まだ少ないけど、超絶晴れの日(こっちは曇りか超絶晴れの二択しかない)に遠くに見える海を見ながら歩いたりなんかすると、魔女宅ごっこができて楽しいです。
家の近くはコリアンタウンになっていて、大抵欲しいものは手に入るし、ちょっと足を伸ばせば中国日本系スーパーマーケットも沢山。アジア人向けサービスが充実しすぎるくらいなのもトロントとは違うところですね。こっちでは自炊を極めたいので、ありがたい。

そして、学校も今週から本格的に授業が始まりました。今月の科目ではとにかくプレゼンテーションの仕方を勉強します。
初週はオリエンテーションだけだったのですが、エッセイとグループプレゼンの課題が出されてヒイヒイ言いながら何とか仕上げて、本授業ついていけるの…??とドキドキ冷や汗たらり状態だった私。
今日昨日と本授業を受けてみての感想、、なんか!いけそうな気がするー!
この自信がどこから来るのか、クラスで絶対最低レベルだと思っていた自分よりさらに…な方々がいたからかもしれません。(ひどい) 初日から仲良くなれそうな友達が出来たからかもしれません。(しばらく友達出来ないと思ってた)でも1番は、先生の言ってる事めっちゃ分かる!!からだと思う。
聞き取れなかったら何も始まらないので、出来ていて当然、最低限の事なのは分かってます。でも感覚でリスニング能力が伸びているのがはっきり分かるのって結構嬉しい。
テストなんかはそれの対策をキチンとすれば合格出来ちゃうけど、実際に身についてるかどうかってなかなか分かりにくくて…親と電話すると、英語できるようになった〜?なんて漠然とした質問をよく聞かれるけど、自信持ってイエス!と言える程には実感出来ていなかったのが正直なところ。
授業では、今のところ専門用語もないし、そんなに難しいことを話されているわけではないのですが、前は理解できなかった比喩とかギャグとかも理解できるようになってる気がする。
それでもやっぱり会話力は全体的にESLとは違って、ペラペラ〜な人が沢山なので、自分の拙さに焦りを感じる日々です。聞けるようになるのも楽しいけど、話せるようになるのはもっともっと楽しいからね、、、

プレゼンテーションは前も毎週していたので少し慣れがあるけど、グループでは数回した事しか無いので少し不安…。しかもプレゼンの仕方を習ってからのプレゼンってハードルが違う…やるしかないけども。
あと、先生がパートナーは賢く選んでね☆と繰り返し言っていたのが忘れられない。色々引き受けて首が絞まっていく私が容易に想像出来てしまうな〜〜気をつけよ〜〜〜

先生は女の若い先生だけど、ほっそくてあり得ないほど顔が小さくてなのに胸が大きい美女で、なんか自分が申し訳なくなるくらい…やっぱり美人て骨格から違うんだなあとしみじみ。教え方も話し方もESLと比べるとプロフェッショナル感があって、退屈しないし、完璧超人に教えてもらえる毎日に感謝、感謝です。

ところで、最近プレゼンの参考にと、TEDをまた見始めたのですが、TEDのアプリがめっちゃ使える。スクリプトも訳も付いていて、オーディオを保存出来るのでオフラインでも聴けて最高。
そして、結構な本数を見て気づいたけど、私が興味を持つトピックは大体自己肯定能力とかポジティブマインドの大切さで締めくくられているので、やっぱそうなんだよね…泣 と虚しくも納得する日々なのです。

あと関係ないんですが、今日誕生日を迎えて22になりました。日本から親友たちがシュールなお祝いビデオを作って送ってくれたり、トロントの学校の友達からも電話が来たりして、1人で寂しくならずに過ごせています。みんなありがとう。なんか22歳って微妙だなっていうのが1番の感想ですが、色々許される学生最後の年でもあると思うので、それを楽しみつつ、成長する一年にできるように頑張ります!おー!

トロントに、愛を込めて

クサいタイトルは置いておいて、前にも書いた通り、語学学校を無事に卒業しました。半年間通ったけど、終わってみると長くも短くもなく、ぴったり期間分勉強した達成感があります。自分がしたいだけ勉強できる時間が無限にあって、暇をつぶす物にもそれを一緒にする友達にも恵まれていてっていう環境の中で、大きなストレスもなく(小さなものは沢山あったけど)半年間のびのび過ごせた、最高の時間だったと思います。問題の英語力はまだまだ目標へは遠いけど、話せる長さも表現も増えたし、何よりマインドが変わったのでこれからもっと頑張りたいところ。


最初の入国審査で手こずってから不安しかなくて、何もできなかった頃から始まった留学だったけど、世話好きのホストマザーに面倒を見てもらって、美味しい物を食べに行ける友達が出来たり、英語に対するモチベーションを上げてくれた良い先生に出会えて学校も楽しくなっていって、最後に発つ時には見送り、連絡してくれる友達がたくさんいたり、最初から最後まで友達に助けてもらって過ごせた半年間だったと思います。中には号泣するくらい離れがたい別れがあったり、、トロントで一生の友達が出来たことは何にも代え難い私の財産です。

心配してた気候も、本当に寒くて死にそうになったのも思い出すと数える程しかなかったけど、やっぱり天気って気分に結構影響してくるもので、気持ち的に参っちゃう友達も何人かいました。 かくゆう私も、元々冬は好きだったのに、今は後2年くらい冬過ごさなくてよし!という気分です笑 朝起きたら気温を確認してから着替える、こっちならでは?の習慣も付いたし、あえてのトロントで一冬越せたのは面白い経験だったなあ。カナダ人の服装が世界でもダサい方といわれていることひ、今なら納得できる笑 街ゆく人でおしゃれなのは大体コリアンだった気がするし…笑

その中でもウィンタースポーツを楽しんだり、雪景色のケベックモントリオールを旅行出来たのもいい思い出!ブログには書けなかったけど、1番寒い時期に、カナダ人のおじさんの車でナイアガラにも行ったな。周りの水しぶきが全部凍って気持ち悪い感じになってたのを覚えてます。 意外と観光地化されてて驚いたけど、やっぱり迫力満点で行けてよかった。そしてアイスワイン美味しかったので、お土産に買って行こうとおもいます。

前までは、遊んだり、お金を使ったりすると親に申し訳ないなという気持ちが大きかったんですけど、トロントで会った大人のみなさんには、お金なんか後で返せば良いんだから今できることやりなさい!といって頂く事が多くて、その後押しのおかげで思い残す事なくやりたいことができた気がします。最後の方はもう全部やり尽くす気持ちで、ろくにパッキングもせず、毎日外に出ていました笑 えへへ。

美味しい物も死ぬ程食べまくった。量も種類も今まで生きてきた中で1番食べた年だった気がする。幸運?にも友達に、ごはんが好きで大食いで美味しいものサーチ力がすごい人が多かった…から気もあってしまって、暇があったら気になるレストランチェックをしてました。そのうちベスト美味しかった記事も描きたいなあ…

そんなこんなで、余す事なく楽しんだトロント。意外とちっちゃくて、観光名所も少ないけど、ごちゃごちゃ世界が混ざった不思議で魅力的なところ。このまま一年間居れたらどんなに楽しかっただろうと、写真を見ては枕を濡らす日々が続いている今日この頃だけど、そんな事も言っていられず、むしろこれからが本番!まだまだ日本には帰れねえのです。
半年後、どうなっているかなあ。トロントから去る時とは全然違う気持ちかもなあ。何はともあれ、健康で、程々に無理をして頑張れたらいいと思います。
ラブトロント!ありがとうトロント!絶対いつか戻る!それまで、しばしの別れ!

f:id:kabominnto:20170419140748j:plain

とりあえずの生存報告

前回のブログ更新日を見て青ざめております。お久しぶりです。

3月末に半年間通った語学学校を卒業しました!そしてその後の三週間、怒涛の日々を過ごし、なんやかんやで今はバンクーバーにおります!いえい!


書きたいことは沢山溜まっているのですが、ブログを書く習慣が途切れてしまったのでなんとなく書く気にはなれず(本当は今も凄く面倒くさいのですが…)引っ越しが終わりなんとか落ち着いたので描きます。頑張れオレ。

まず大きく分けて、学校卒業について思うこと、卒業してから二週間の休みで最後のトロントを満喫したこと、そしてSさんと夢のNY旅行に行って来たことの三大トピック。
そして読んでくれている方に私が本当にアホの子だということを露呈する事になってしまって心苦しいのですが、バンクーバーへの引っ越し大惨事をオマケとして書いていこうと思います。

今の所のバンクーバー、引っ越ししてまだ3日目なんですが、疲れているのと寂しいのとレインクーバーのせいでぶっちゃけ楽しくないぞ。バンクーバーには本当に失礼なんですけど、今の所特にイイとこな…げふんげふん。
トロントより道とか綺麗な気はする。自然も多い気はする。けど面白いものがあんまり見当たらない、気がする。私がごちゃついた街が大好き人間なので、何となく物足りない。
まあこれから長い付き合いになるので期待してるよバンクーバー。そして何でもいいから晴れてくれ。お願いだからお日様の光を頂戴。